補聴器に関する情報を発信します


by voice-ha

補聴器 左右の見分け方 

11月に入り日中は暖かいものの、朝晩は冷えるようになってきましたね。
こんにちは。春日部店の名古屋です。

補聴器には刻印がしてあり、それぞれ 右が赤 左が青と、見分けがつくようになっています。

メーカーによっては黒で刻印されている物もあり、耳かけ型のイヤモールドも色での判別はできません。


ですので本日は、形によって左右を見分ける方法をご紹介させていただきます。


まず、写真のように補聴器のお腹を自分に向け、音が出る白い部分を上に向けて持ってみてください。


b0180792_21141861.jpg



補聴器の先端が右に向いていますよね。
こちらがずばり、右用の補聴器となります。



b0180792_21143045.jpg


こちらは左を向いているので左側の補聴器となります。



補聴器の製造で働いていた頃、一番最初に教えてもらいました。
お手持ちの補聴器で是非、お試しください。


春日部店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-01 21:30 | 補聴器