補聴器に関する情報を発信します


by voice-ha

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日掲示しました補聴器の電池蓋の加工について追記します。
b0180792_9264028.jpg

その後対象となるお客様がいましたので早速メーカーへ指示し前記のような加工を依頼しました。
実際に完成品を確認しましたが、非常に使い勝手が良く、見た目にも違和感も感じられませんでした。
顕微鏡で細かい部分を見てみますと、爪にあたる部分は接着剤で固定されている様です。
強度的にも、また衣服の脱ぎ着にも邪魔になるようなものではありません。

今後ボイス補聴器センターとしましては、個々のお客様の操作性を鑑み必要であればこのデザインを積極的に取り入れていきたいと考えます。

当店以外で当該の補聴器を使用されている方で電池ドアの開閉にご不便を感じておられる方は行きつけの補聴器専門店でご相談されてみてはいかがでしょう。

                                           春日部店 谷口英司
[PR]
by voice-ha | 2010-06-29 09:28 | 補聴器

トレーニングドア

補聴器の販売の現場では予想以上にその操作に難を持つユーザーが多いことに気づかされます。
補聴器の形状にもよりますが、とくに「312電池」以下のサイズを使用するものではその傾向が強まります。
これにつきましては販売店のみなさんはそのご相談時に手指の動きなども考慮して機種の選択をされているとは思いますが、いざご自分の補聴器が仕上がってそれを手にされた時点でやはり思ったように操作がしづらい事に不安を持たれる方もおられるのではないでしょうか。
以前スターキー社のパーツキットに「バッテリートレーニングドア」なるものがあり、オーダーメード耳穴形の電池の蓋の開け閉めに不便を感じる方にはこれを取り付けて差し上げたことも結構ありました。
多少出っ張ったものにはなりますが、容易にドアの開閉ができますので便利に使用されていたのではと考えています
b0180792_13255742.jpg

現在私たちがメインで取り扱っている補聴器メーカーへこの件について問い合わせてみたところ、特に上記のような既製のものは用意されてはいないようですが個々の対応で必要に応じ同等な加工が可能とのことです。
指の感覚が少し悪くなった、指先が固くなって補聴器の電池の蓋の小さな爪にうまく引っかからない等のご不便がありましたら販売店に相談してみてはいかがでしょう。
またこれらのことでご不明な点がございましたら当社へご連絡いただければお調べします。

                                    春日部店   谷口英司
[PR]
by voice-ha | 2010-06-08 13:41 | 補聴器