補聴器に関する情報を発信します


by voice-ha

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日、お客様より、ピーピー音(ハウリング)が止まらないとのご連絡がありました。
早速ご自宅までお伺いし症状を確認してみた所、確かにハウリングが止まりません・・・。

イヤモールドもしっかり装着できているのに何故?


お客様からイヤモールドをお預かりし、よく見てみると


b0180792_17195754.jpg




矢印の部分に亀裂が!(わかりやすくするために開きました。)
この部品はエルボーといって、イヤモールドと補聴器のチューブを繋ぐ為にあります。

肘のような形をしているので、英語で肘という意味の Elbow(エルボー) との事です。


b0180792_1715821.jpg


b0180792_17151794.jpg


亀裂の入ったエルボーは接着剤でガッチリと固定されていますので、ハンドピースを用いて穴をあけます。
なるべく、エルボーの太さに近いバーを使用します。


b0180792_17152556.jpg



最後にエルボーの長さ、角度を調整して固定します。




このように、補聴器は様々な原因でハウリングや故障を引き起こします。
少しでも調子が悪いと感じたら、早めに点検をしましょう。



ボイス春日部店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-30 08:39 | 補聴器

乾燥剤は何色ですか?

今日は乾燥剤について。


お手持ちの乾燥ケース内のシリカゲル(乾燥剤)の色は何色でしょうか。

黒や青い色の粒がありますか?
それとも、青色や紫っぽい色の粒でしょうか?
ひょっとしたら赤やピンク色の粒の方はいませんか?

購入時の乾燥剤の色は青い色(黒色にも見える)をしています。
時間が経つにつれて色が変わり、青い色からピンク色へと変わります。
実は青い粒の乾燥剤には塩化コバルトが含まれており、
塩化コバルトが水分に反応してピンクになる為、
ピンク色の粒 = 水分を含んでいる乾燥剤 ですので、乾燥剤の効果がないと言えます。



参考までに

b0180792_1872946.jpg


画像左から 
効力のある乾燥剤 → 効力の弱くなり始めた乾燥剤 → 効力の無い乾燥剤 です。

お手持ちの乾燥ケース内のシリカゲルを確認してください。
もしもピンク色がある場合は交換の合図ですので、シリカゲルの交換をお願い致します。
乾燥剤の効果はおよそ二ヶ月程です。
購入より二ヶ月程経ちましたら確認してみましょう。


乾燥剤は春日部店、わらび店でも購入可能です。
店頭・郵送での販売を行っていますので、是非ご利用ください。



わらび店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-25 18:20 | 補聴器

メーカーからの情報

だんだんと寒さが身にしみる季節になってきました。
体調には十分気を付けてください。

補聴器メーカーからのメルマガでユーチューブ内に聞こえの確認ができまる情報が記載されていましたので、参考までに見て・聞いてみてください。
周波数の高域を聞かせるものです。
なんと私は40代なのに50代までしか聞こえませんでした。
ショックが・・・007.gif

皆様も見てみては如何ですか。
アドレスは↓
http://phonakhi.blogspot.jp/2013/11/blog-post_18.html
確認後、気になる方は耳鼻咽喉科医院(耳鼻科)へ相談をしてください。


                                     わらび店 下田

[PR]
by voice-ha | 2013-11-23 12:36 | 聴こえのあれこれ

冬場の電池

ひとつ前の記事で、補聴器の電池について触れていましたので。
今回は簡単に補聴器の電池、『空気電池』について簡単に紹介致します。

だんだんと寒さも厳しくなり、ストーブを使用される方も多いかと思います。
実はこの季節、補聴器で使用する『 空気電池 』にとっても厳しい季節なのです。

空気電池(空気亜鉛電池)のプラス側にはシールが貼ってありますね。
そのシールをはがすと、小さな空気孔があります。
空気孔から空気中の酸素が入る事により、電池内部で化学反応が起こり、電気が作られます。
シールを一旦はがしてしまうと、使用していなくても放電状態が続く為、電池が減ってゆきます。

空気電池は特性上、低気温や二酸化炭素、乾燥に弱いです。
その為冬になると、いつもより電池の減りが早くなるのです。

化学反応により電気を作る為、外気温度が低いと発電能力が劣ります。
冬場は新しい電池に交換した際、聞こえるまでに時間がかかることがあります。
その場合は電池を手で暖めてから補聴器に入れ、1分~2分程お待ちください。
(それでも音が出ない場合は故障の可能性がありますので、ご相談ください。)

ストーブや石油ファンヒーター等を使用した時や、狭い部屋に大勢の人がいる場合。
換気を十分に行わないと、
二酸化炭素と乾燥の影響で電池寿命がおよそ60%近くまで減少します。
また、補聴器に電池を入れたまま乾燥ケースに入れると、
電池寿命がおよそ50%近くまで(シールをはがした状態で乾燥ケースに12時間以上保管した場合)減少します。


参考までに乾燥ケースに補聴器を入れる際は

b0180792_19455480.jpg


↓(横から見た写真)

b0180792_19544317.jpg


このように保管するといいかもしれません。
人にとっても辛い季節ですが、補聴器にとっても同じ季節です。
ご自身の為にも、補聴器電池の為にも換気を十分に行いましょう。


冬の電池管理には少々気を付けてくださいね。



~ 冬場の電池使用注意まとめ ~

●外気温が低い場合は、手などの体温で暖めてから補聴器に入れ、2分程待つ。


●ストーブや石油ファンヒーターなど、火気を用いる暖房機器を使用する場合や
 狭い部屋に大勢の人がいる場合は換気を十分に行う。


●乾燥ケースに保管する際、電池は乾燥ケースの蓋上に置く。





わらび店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-17 20:01 | 補聴器
皆様、お元気ですか?急に寒気が日本に流れて来ました。
例年より10日も早く雪が降ってきた地方もあり、気温の差が身に沁みますね。
こんな時に体調を崩しやすいので、お気を付けてください。
補聴器も気温の差で湿気や暖房器具により電池寿命が短くなり、故障しがちになりやすいです。
何度か、当社のブログで注意事項が記載されていると思いますので、参考にしてください。

さて、わらび店ですが恒例の環境整備の一環として、気持ちよく来店できるように努めています。
その一つが床のワックスがけです。
当店は移転してから8年が経過してます。8年前とはいきませんが、いつまでも気持ちよく気楽に来店できるように勤めています。今回はその様子を載せてみたいと思います。
b0180792_2144648.jpg

b0180792_21445990.jpg
b0180792_21451876.jpg

どうでしょうか。
綺麗な環境で、待っていただく・相談していただく・点検などで来店していただく事も心がけているので、これからも、努力をしていきたいと思います。
何かご要望がありましたら、お気軽に声をかけてください。
些細な質問でも受け付けています。勉強不足なところもあるかもしれません。
皆様の意見を基に、これからも精進していきますので、宜しくお願いいたします。
                                          
                                          わらび店 下田

[PR]
by voice-ha | 2013-11-16 22:10 | 一般
弊社ホームページリニューアルに伴い、メールでのお問い合わせ窓口を
わらび店用と春日部店用の2つに分けさせていただきました。



b0180792_1249188.png



弊社ホームページTOPのお問い合わせよりお選びいただけます。



ホームページへは下記リンクより移動できます。

ボイス補聴器センター


今後ともボイス補聴器センターをよろしくお願いいたします。



春日部店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-12 13:01 | ボイス ホームページ

補聴器電池の処分

ご自宅に不要な補聴器電池は貯まっていませんか?
もしかしたら、処分方法に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当社では補聴器電池の販売も行っていますが、
不要になった電池の回収も行っております。


b0180792_1839223.jpg

店頭に画像のような缶を設置しております。
この中に不要な電池を入れてください。

電池を入れる前に……

b0180792_18392271.jpg


この様にセロハンテープを貼り、絶縁してから入れて頂けますと幸いです。

・セロハンテープを貼るのが難しい。
・多すぎて貼るのが大変。
そんな方もいらっしゃるかと思います。
その場合は袋などにまとめてお持ちいただければ、私たちで処理致します。


補聴器電池処分のついでに、補聴器のクリーニングもどうでしょう。
お天気が良い時や、店舗近くを寄ることがある時にでもご来店ください。


わらび店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-04 18:48 | 補聴器
11月に入り日中は暖かいものの、朝晩は冷えるようになってきましたね。
こんにちは。春日部店の名古屋です。

補聴器には刻印がしてあり、それぞれ 右が赤 左が青と、見分けがつくようになっています。

メーカーによっては黒で刻印されている物もあり、耳かけ型のイヤモールドも色での判別はできません。


ですので本日は、形によって左右を見分ける方法をご紹介させていただきます。


まず、写真のように補聴器のお腹を自分に向け、音が出る白い部分を上に向けて持ってみてください。


b0180792_21141861.jpg



補聴器の先端が右に向いていますよね。
こちらがずばり、右用の補聴器となります。



b0180792_21143045.jpg


こちらは左を向いているので左側の補聴器となります。



補聴器の製造で働いていた頃、一番最初に教えてもらいました。
お手持ちの補聴器で是非、お試しください。


春日部店 名古屋
[PR]
by voice-ha | 2013-11-01 21:30 | 補聴器